« HARAKIRI | Main | 良いお年を »

December 30, 2006

HARAKIRIプレイ記1

・HARAKIRIプレイ記 その1
年末なんで部屋の大掃除やら車の洗車などをしつつ、新年を待っとります。今年の初日の出は見えるのか?

で、HARAKIRI。
相模の獅子・北条氏康でプレイ開始。
Harakiri_1




のはずが、なぜか大分・伊予・日向・桜島を領有する九州の大名になっている北条氏。
薩摩にいるのが島津義弘で、その上にいる紫色が大老井伊(領土は殆ど飛び地!)、そのさらに上の長崎周辺がHARAKIRIワールドの体現者とも言うべきS・小杉、ちなみにK・小杉はいない。四国の多くを領有しているのは足利尊氏で長門・出雲にいるのは平清盛

北条氏康は国力に恵まれている上、本人もヒジョーに強い。そして北条早雲をはじめとした優秀な家臣が多い強国。

ただし島津も初心者向けの強国なのでまずはここを倒す事を目標に。
桜島に戦力を集めて軍備を整えている間に、元禄20年に島津が大老井伊の阿蘇を攻略。手薄になった島津の本拠地薩摩にちょっかいを出すが、戦力が整いきっていなかった事もあり城防御力35の前にあえなく失敗。それでも城防御力はかなり削り取る事に成功。島津と北条の隣接拠点が増えて、お互いに隙を窺がう状態。

・今日の朝食
ごはん
 昼食
弁当
 夕食
うどん

|

« HARAKIRI | Main | 良いお年を »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HARAKIRIプレイ記1:

« HARAKIRI | Main | 良いお年を »