« HARAKIRIプレイ記5 | Main | HARAKIRIプレイ記7 »

January 08, 2007

HARAKIRIプレイ記6

・HARAKIRIプレイ記6
ここまでくれば後は力押し。
伊勢→尾張と続けて織田を圧迫。さらに平行して佐渡を落とす。佐渡に孤立していた信長が追い詰められて処刑切腹。戦場の露と消えた。そして柴田勝家が影武者になりました。
Harakiri8




そのまま尾張を攻撃していた氏康・早雲・氏政・氏照・氏規といった北条一族や清水宗治、福島正則らを佐渡に回し、石田攻めを担当していた島左近・真田昌幸・大友宗麟・平将門といった面々と合流。そのまま三船と決戦する。

三船徳川はサムライ・ミフネと徳川家康がなぜか超合体しているだけあって能力が高い。特に格闘はずば抜けていて91もの数値を誇る。
そんな三船との一騎打ちをさけつつ進撃。北条一門が関東、それ以外は東北を担当。関東では隣接国数が多いこともあってとったり取返したりを繰り返していたが、まもなく東北を制圧。東北組を関東に回したことで織田を滅ぼす事に成功。柴田勝家切腹。

あと一息となったとき、ようやくと言うべきか、一向宗が長門に出現。総兵力1000を越えていても、空白地帯に450もの農民兵が湧いてくるのはかなりうざいw
Harakiri9



・今日の朝食
パン
 昼食
おにぎり
 夕食
寿司

|

« HARAKIRIプレイ記5 | Main | HARAKIRIプレイ記7 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HARAKIRIプレイ記6:

« HARAKIRIプレイ記5 | Main | HARAKIRIプレイ記7 »